コラム

人生が楽になる考え方①「人は変えられない」

対人関係に、いつもストレスを感じてしまう人はいませんか?

それは、あなたの持つ考え方が原因かもしれません。

人生が楽になる考え方①「人は変えられない」

旦那さんやお子さん、ご家族などの近しい人と、どうも折り合いがうまくいかない、どうしても喧嘩になりやすく、トラブルが絶えないという方はいませんか?

友達や職場の人とはうまくやれるのに、家族や近しい人との人間関係がうまくいかないという人は、無意識にある考え方に囚われているのかもしれません。

それは「他人を変えたい」と思う思考です。

それほど近くない人間であれば「自分」と「他人」の境界がはっきりしているので、無理に変えようという気持ちにはなりません。

仮に相手の人格に問題があると感じたとしても「そういう人」と捉え、適度に距離を置くことで対処しようとするでしょう。

しかし、家族などの近しい人だとそうはいきません。

近いからこそ「気持ちを察してくれるべき」と感じ、さらに「私の気持ちに気づいて変わってほしい」と思ってしまうのです。

相手の行動を変えようとすることは、相手をコントロールしようとする行為です。

そして、ほとんどの場合、相手をコントロールしたいという思いは自分でも無意識のうちに相手に向かって発せられ、それが問題を生むのです。

たとえば、ご主人が育児に協力的でないことに対し、多くの母親は次のように感じるでしょう。

「わたしはこんなに自分の時間を犠牲にして頑張っているのだから、主人にもわたしの大変さをわかってほしい

そして、わかってほしい気持ちの表れとして「もっと育児に関心を示してほしい」、「育児を手伝ってほしい」といった思いを持つのです。

これは、相手をコントロールしようとする行為に他なりません。

そして人は、誰かからコントロールされていると感じたときに、強い拒否感を覚えるものです。

ご主人であれば、あなたから行動の変化を強要されているように感じられて、素直に従えなくなってしまうでしょう。

また、相手をコントロールしたいという思いは、あなたが口にしなくとも、無意識に態度として表れます。

たとえば、次のような場合…

  • 「また育児を手伝ってくれない…」と感じたときの、あなたのため息
  • イライラを表す態度(お皿を乱暴に洗う、ドアを強く閉めるなど)

これらの態度は、無意識に相手をコントロールしようとするものです。

そして、これら無意識の要求では、相手を変えることはできないのです。

一時的にはあなたの気持ちを察して動いてくれたとしても、あなたからのコントロールはストレスとして相手の心に溜まっていくでしょう。

溜まったストレスはいつか限界を迎え、感情の爆発を起こします。これが、喧嘩などの問題のもとになります。

あなた自身がご主人やご家族からのコントロールの要求により、ストレスを溜めてしまう場合も多いですが、トラブルの解消方法としては、まずは自分がコントロールをやめることです。

つまり、考え方として、

他人は変えられない

とわかっておくことが重要なのです。

近しい人ほど忘れがちですが、あなたがどんなに怒りをぶつけても、小言を言っても相手は変えられないのだとわかっておくことです。

◯どうしても他人を変えたいときは?

それでも「そうは言っても旦那にもうちょっと変わってほしい」「子どもが真面目に勉強できるようになってほしい」など、他人に変わってほしいと思うことはありますよね。

ひとつだけ他人を変える方法があるとすると、それは「信頼」だと、わたしは思います。

人には、信頼されるとそれに応えたいと思う心理があります。他人から何かをしてもらったときに、それに応えようとする心理は、心理学では返報性の原理などといわれますね。

つまり、相手を変えようとするのではなく「この人ならば問題ない」と、全てを認めて信頼することです。

そこには「わたしが言わなければ変わらないのでは?」「間違った選択をするのでは?」といった心配は一切必要ありません。

心からの信頼があれば、時間はかかりますが、相手もあなたの信頼に応えようと、自分の意思で、自然に変わっていくでしょう。

信頼=無条件の愛」だとわたしは思うのです。

とはいえ、心からの信頼は、そう簡単なものではありません。

人は誰でも、心配や不安に囚われてしまいやすいものです。そして、あなた自身もすぐに「変わる」というのは難しいのです。

まずは「心配=相手を信頼していないということ」という認識を持ちましょう。

そして、信頼できない自分を責めることもせず、急がず、少しずつあなた自身が変わっていく努力をしましょう。

他人を信頼するというのは、他人の良い部分も欠点も含んだすべて、あるがままの相手を認めるということです。

それは、あなた自身があるがままの自分を受け入れていないとできないことでもあるのです。

他人とのトラブルに悩むかたは、まずは自分自身と向き合いましょう。

自分の欠点を認め、自分自身を許せる自分になれることが、問題解決の近道です。

 

たんぽぽカウンセリングでは、あなたが自分自身と向き合うお手伝いをさせていただきます。

気になられた方は、まずは問い合わせフォームから、無料でお話をお聞かせください。

無料相談する

なお、LINEでお問い合わせいただきますと、メッセージにて個別に素早く対応できます。

カウンセリング利用の際も全てLINEで完結しますので、以下のボタンより、まずは友達登録をお願いいたします。(@たんぽぽカウンセリング)

また、当サイトではみなさまの苦しみの吐き出し口として、フリー掲示板を設けております。

投稿メッセージはサイト上に公開されますが、よろしければご利用ください。時間がある時には、カウンセラーが無料で返信を書かせていただきます。

フリー掲示板

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です